ツール リンク ログ

2014/08/11

【配置紹介】井の字型配置の長所・短所


「井の字」型で伝わるでしょうか。


こういうやつですね、th9ぐらいから見かけます。

th8まではオーソドックスなタイプが強いので、初めてこの配置を見たときは「えっ囲わないの?」と驚きました。
気になっていたものの、当時は利点がわからないのでマネするのに躊躇しましたね。
しかし襲ってみるとユニットが思うように動かず攻めにくい…。


今回はそんな井の字型配置の利点を紹介し、さらにはその攻略法を紹介したいと思います。


まず井の字型配置の利点からの紹介です。

1つ目はユニットが大きく遠回りしながら侵攻することです。
壁で囲ってあれば最短距離の壁を殴るのですが、あえて囲ってないのでゴーレムが遠回りしてますね。


2つ目は優先目標「防衛施設」のユニットが中央に侵攻できず、ぐるぐる回ることです。
赤でマークした部分に防衛施設がないため、ジャイアントやホグライダーは黄色い線を辿るようにグルグル回ります。
罠を踏ませやすく、中央から一方的に攻撃できます。


3つ目は村全体が広くなり援軍が釣りにくいことです。
クランの城を真ん中に置けばホグライダーでも釣り出すのが困難です(今回の例ではホグでギリギリ釣り出せました)。


4つ目は壁のレベルが低くても大丈夫ということです。
壁は誘導のために使っているだけで囲ってないので壁の強度が低くても問題ありません。
当然中央の壁は硬いほうがいいです。



これだけ聞くと強そうですね!

しかし欠点・攻略法も当然あります。


act1

壁で囲われていないのでサイドカットが簡単にできます(赤線)。
これによりペッカやババキンが横にそれずに中央まで侵攻できます(青線)。

act2

ジャンプを使って中央に侵入しました。

act3

結果、th9の戦力でもth10から星2つ獲得です。wbが必要ないのでキャンプに余裕がありました。



井の字型配置はあえて囲わないところが長所にもなり短所にもなる、「もろはの剣」のような配置です。
私もしばらく井の字型にしていましたが、やはり守れるときと守れないときの差が激しい配置でした。

私の中での井の字型配置の評価はあくまで初見殺しです。
戦力差によっては全壊も視野に入りますからクラン対戦ではオススメしません。
とくにクラン対戦では前もって編成を計画できるので今回のようにwbを使わない変則的な編成の餌食になります。

以上が井の字型配置の紹介でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿