ツール リンク ログ

2014/08/10

【配置紹介】アロー型配置のその後

先日紹介したアロー型配置の続編です。

本当は一晩の防衛記録とリプレイさえ撮れればもとの配置にもどすつもりでしたが、起きたらトロフィ+351という衝撃的な記録をたたき出したのでもう少し様子を見ることにしました。

今回はアロー型配置をしばらく体験した雑感などを紹介します。


その前に念を押しておきたいのは私の村はTH9終盤だということです。
防衛施設のレベルによっては同じ結果にはならないのでその点はご理解ください。


そして私は現在、壁塗りに力を入れてるので金庫に資源はほとんどありません、多い時でも略奪量10万程度です。
ダクエリは常に2500前後奪えますが…。


それではいよいよ本題です。

まずどこまで通用するのか?という問題ですが、クリスタル1までは防衛でトロあげができます。
本当です。

もちろん上に行くほど負ける回数も増えるのですぐにとはいきませんが、th9終盤であればシールド解除して放置を繰り返すだけでクリスタル1まで到達できます。


しかしそこから先は基本的に負けます。


この辺りは高レベルクイーンやドラ・ホグが多く、タウンホール前に置かれた二重壁が意味をなさなくなります。
アロー型配置の強い理由は二重壁にあるのでこれを無視できるユニットが相手だと守れません。


クリスタル2では思いのほか通用します。
攻めで負けてトロフィが減っても編成準備を待ってる間に防衛でトロフィが回復します。
このリーグで負けを気にせずトロ帯を維持できるのはいいですね。


私は今までトロフィ1700~1900で資源稼ぎしてましたが、ダクエリに関してはクリスタル2のが優秀です。
この辺りはダクエリポンプが育っているので放置が見つかればかなり稼げますし、タンクから3000も奪える村が頻繁に見つかるのでライトニングを落としまくりです。

ただ、金エリを集めるならゴールドリーグのがいいです。
クリスタルの金庫タンクを狙う労力を考えるとゴールドでカモ村や格下を狙ったほうが効率がいいです。


そしてゴールドリーグでのアロー型配置ですが…なんとトロ帯を維持できません
よほどの相手じゃないと負けません、トロフィがガンガンあがって気がつけばクリスタルに突入します。
そのためゴールドリーグを維持したいならオススメしません。



次に村の配置を紹介します。
アロー型配置の特徴は二重壁です。
wbはこの二重壁を狙えないため、ユニットは横から大回りしてタウンホールまでいかないといけません。


そのときに通る道がウィザードの塔や迫撃砲の範囲内にあるとアーチャー・バーバリアンなどの雑兵はタウンホールに近づくこともできません。

罠はガゴ対策に対空爆弾1~2つ、ドラゴン対策にホーミング対空地雷1~2つ、ジャイ対策にバネを好きなだけ並べておけばいいでしょう。
爆弾系は置く必要性を感じませんでした、なくても守れます。


そして問題のタウンホール以外の部分ですね。
タウンホール周辺に罠や壁・テスラを密集させているのでその他の部分が手薄になります。
私は前述したように壁塗り中で資源がほとんどないのでこのように金庫を捨てる配置が可能です。

これなら中央の壁が厚くなるのでダクエリの壁まで貫通されたことはありません。

しかしクイーンやウィザードなどの遠距離ユニットにダクエリを2000以上抜かれることはチョコチョコありました。
ただこれらのユニットはまともにタンクを守ったところで防ぎようがない気もします。

また、アロー型配置で金エリもダクエリも守りたいというのは無理だと思います。
タウンホールを捨ててもそれらを完全に防ぐのは厳しいですからね。


最後に現在の状況です。


アロー型配置にしてから5~6日ってところです。
今は防衛でトロあげしてるのではなく、防衛でトロ維持しています。


こんな感じでババアチャライトニングしてるとトロがガンガン減っていきますが
ログアウトすれば防衛成功でトロフィが元通りになります。
おかげでダクエリタンクは破裂しそうです。



というわけで、総括するとth8~9終盤が壁塗り・ヒーロー育成するには最適の配置かなと思います。
資源を守るための配置ではないので金エリが必要な段階ではやってもボコボコにされると思います。
私はしばらくアロー型配置を続けてみます、思ってたよりもバカにできない配置でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿